安心安全性があり魅力あふれる人工木のウッドデッキを設置しよう

オシャレなウッドデッキとインテリア

ウッドデッキを設置して第二のリビングを作ろう!

観葉植物

お洒落でこだわりがつまった一軒家を建てる際には欠かせないウッドデッキですが、最近ではウッドデッキを第二のリビングとして設置する家庭も増えてきています。
リビングから直接そのまま繋がるようになっているウッドデッキは日当たりもよく、読書や寛ぎの空間として最適です。
季節によってはオープンテラスのように使ってみたり、日向ぼっこをしながらお昼寝をしたりと室内では味わえない楽しみを味わうことが出来ます。
また、実際のリビングの広さよりも広く感じることが出来る為、とても解放感があります。
人工木で作られているものであれば木の風合いはそのままでありながら、ささくれがないため肌さわりが良く、天然の木の素材に比べメンテナンスや掃除の負担が少ないという利点があります。
その為、小さなお子さんのいる家庭でも安全に、気軽に楽しめる空間になります。
一戸建てを建てる際に、洗濯物を干すだけのためにわざわざデッキを作ることは少しもったいなく、味気ないものです。
しかし、専門業者へ依頼をして、ただの洗濯物を干したりする場所としてではなく、第二のリビングとしてお洒落で寛げる素敵な空間として作り上げるということは、より暮らしを楽しく豊かにするでしょう。

憧れのウッドデッキある暮らし!まずは専門業者への依頼してみよう

バルコニーやお庭に敷くだけでおしゃれ感の増す「ウッドデッキ」は憧れている方も多いのではないでしょうか。
しかし、お手入れが大変そうと思っていらっしゃる方の意見もよく耳にします。そこで今日は「人工木(樹脂木)」のウッドデッキをご紹介したいと思います。
まず、ウッドデッキには大きく分けて「天然木」と「人工木」の2種類があります。
天然木のウッドデッキは日光や雨降りの天気や寒暖の差に左右されやすく、色落ちや反りがどうしても起こりやすくなりますので、経年変化を楽しみたい方にはよいかと思います。そして、加工しやすいのも天然木の良い点です。価格的にはどうしてもお値段が上がりやすいのですが、ソフトウッドを選べばコストも比較的カットが可能です。
一方で、人工木は耐久性に優れているのがポイントです。木粉とプラスチックを混ぜ合わせて成型した材料になるため木材特有の腐る、反るなどが起こりにくい素材です。
また、人工木はカラーバリエーションが豊富な点や、大量生産が可能な素材であるので、材料コストもカットすることが期待できるのもうれしいポイントではないかと思います。
天然木と人工木、いずれの素材もメリットデメリットがありますので、まずは専門業者へ依頼するすることが憧れのウッドデッキをマイホームに取り入れる近道です。

カビやコケに強いウッドデッキは人工木製のものを選ぼう!

ウッドデッキにダメージを与えるのは、シロアリや水分による腐食だけでなく、カビなどの腐食性微生物やコケがあります。天然木の場合、どんなにメンテナンスを行い、定期的な防腐処理や害虫駆除を行っても、次第に効果が薄れていきウッドデッキが壊れるリスクがあります。そこでシロアリだけでなく、カビやコケ、腐食性微生物に強い人工木のウッドデッキを専門業者へ依頼しましょう。
人工木は、天然の木材すなわち廃材や破材のチップや粉を樹脂材料と混合して成型しています。カビやコケ、腐食性微生物はプラスチックなどの樹脂材料をエサやエネルギーとするものが少なく、ウッドデッキも長期耐久性のあるものとなります。天然木の場合、カビやコケが一度繁殖すると繊維の奥深くまで根を張り、黒く変色してしまうものの、人工木の場合は表面上の薄い部分までの浸透で済むため、高圧洗浄や部分的な軽いサンドペーパー掛けできれいな状態に戻すことができます。また、樹脂材料自体には様々な機能性成分も混合でき、防カビ材や防腐剤を含ませ最初からカビや腐食しにくいものにすることもできます。湿度が高く、カビのリスクが高い場所にウッドデッキを構築したいという方は人工木をまずは選びましょう。また、人工木はカットも容易であり、専門業者へ依頼すればフルオーダーのウッドデッキも手に入れられます。

Press release

Update list

TOP