安心安全性があり魅力あふれる人工木のウッドデッキを設置しよう

オシャレなウッドデッキとインテリア

ウッドデッキの凍結割れを人工木で解決しよう!

DIY

ウッドデッキにおいて、雪国もしくは凍結の厳しい地域では特有の問題があります。自然木のウッドデッキの場合、水分を吸収している場合、凍結割れ、すなわち水分が凍結し、体積が膨張することで木材に亀裂が生じる可能性があります。そのため、ウッドデッキを新設しても寿命が短いだけでなく、冬期間にウッドデッキで事故が生じる可能性もあります。そこで専門業者へ依頼して人工木に板材を交換してみませんか?
人工木は木の粉を樹脂材料と混合、そして圧縮成形しています。樹脂材料に耐寒性の高いものを配合することで凍結に強く、水分が染込んで割れる心配もありません。また、人工木の骨材にアルミ材を使用しているものなら踏み抜きの心配がないだけでなく、雪の重さによりウッドデッキがつぶれる心配もありません。さらに人工木は部分的な入れ替えも可能であり、既存の天然木の板材を優先して交換することができます。板材は、直接的に荷重がかかるため、凍結割れにより損傷が大きい場合、穴が開くリスクがあります。しかし、人工木はふしや木目の方向などに関係なく合成が確保されるため、部分的な荷重にも強くなります。冬期間でも屋外のテラスを使用する、雪国で施設の一部としてウッドデッキを使用しているのであれば、人工木に切り替えて安全性を確保しましょう。また、雪や凍結による損傷がなくなることで修繕費用も抑えることができます。

Press release

Update list

TOP